古代の新王

古代: 黒鳥号

 ダルトンによってマールは捕らえられてしまう。ジール王国がなくなり、ラヴォスが14000年の眠りについたいま、ダルトンはやりたい放題だ。まず、マールはダクトに入るとダルトンに奪われた所持品を取り戻そうとする。その途中で、ダルトンがマールの「シルバード」を強奪して改造していることがわかる。

出現モンスター
サイト、ダルトン部隊、バイト
出現ボス
マスターゴーレム、ダルトンR

歴史は変えられないのか?

 マールはシルバードを利用して黒鳥号を破壊することに成功する。古代の人々はジール王国の遺産を全て失ってしまったが、これで人々は平和に暮らすことができる。人類は歴史を一からやり直さなければならないが、未来に向けて進み始めることができる。そして、ジール王国が歴史に残らなかった理由がいまや明確になっていた。結局、マールは歴史を変えることはできなかったが、その結末はマールが知っている歴史に一致した。

 しかし、何も変わらなかったわけではない。かつての海底神殿が海の底から浮上し「黒の夢」となって空に現れたのだ。ただし、「黒の夢」は何かをするわけでもなく空を飛行しているだけだ。そして「黒の夢」は古代だけにいるわけではない。原始時代にも、中世にも、現代にも、そして未来にもいる。ジール女王は永遠の時を手に入れたのだ。彼女は満足しているのだろうか?

力を合わせて

 ラヴォスと戦ったときを思い出そう。サラ、三賢者、クロノ、そして三賢者は思い思いにラヴォスを止めようと戦った。そして失敗した。全員の行動が一致していなかったのだ。それでも、いくつかの未来を変えることはできた。そして、過去も少しだけ変えられたようだ。なげきの山から救出したボッシュや、サラとともにアルゲティに来たジャキは、突如として現れたゲートに飲み込まれたのだという。大きな結果は変えられないが、小さな結果は少しずつ変わっているのだ。

 では、もし誰もが協力したら歴史を変えられるのだろうか? マールはクロノを探すことを決意する。クロノが歴史上のどこかにいないだろうか? どこかの瞬間で、マールがクロノを助けることはできなかっただろうか? そのためには、全員の力を合わせなければならない。いまなら、マールは三賢者に全ての事情を聞くことができるはずだ。

 ボッシュは1000 A.D.のメディーナ村にいる。ガッシュは2300 A.D.の監視者のドームにいる。ハッシュは分からない。しかし、時の最果てにいる老人にも話を聞かなければならない。とにかく、ありとあらゆる人の手を借りなければならないのだ。

古代 北の岬

北の岬に行くとそこには魔王の姿があった。
魔王はクロノが死んだことを弱さのせいだと冷たく言い放つ。
反論するマール、カエル。そして魔王城での決着は……

戦わない
魔王が仲間になる。
戦う(パーティーにカエルがいる)
魔王とカエルの一騎打ち。勝つと魔王は死んでしまう。
戦う(パーティーにカエルがいない)
魔王とパーティーの戦い。勝つと魔王は死んでしまう。

魔王は、時の賢者ならクロノを生き返らせる方法を知っているかもしれないと言う。
だが時の賢者は、幼き日にジャキの目の前でゲートへと吸い込まれたきりの人だ。